読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mylog

ゲーム、映画(主に洋画、アニメ)の感想はきだめ。

シン・ゴジラ 感想

eiga no kansou

※ネタバレ注意

f:id:shira00:20160802150809j:plain

 

 初日に見たかったんですが諸事情で公開2日目に見てきました。

こちらも例外なく立川極爆で鑑賞。

 

筆者は往年のゴジラファン…というわけではありませんが2年前のハリウッド版ゴジラは鑑賞してそこそこ楽しめましたし、昔の怪獣映画なんかもよく見ていました。

総監督 庵野秀明 監督 樋口真嗣

発表当時この2人の名前を聞いただけで前科がある分出来栄えには不安を感じずにはいられなかった。(特に後者)

 

率直な感想としては"総合的に楽しめた"

基本的に邦画の実写はあまり見ずアニメ映画しか見ないのですが(チープで劇場で見るのに値しないというイメージ)中々迫力がありゴジラの威厳というかスケール感もうまく再現されてました。

冒頭からの早口政治会話のオンパレード 確かにドキュメンタリーを見てる感じ。

中盤辺りのゴジラ自衛隊戦闘パートは庵野感漂うカメラワークと演出はとても好み。爆音もこの辺がピークで爆発音やら砲撃音やら凄まじい。

ゴジラの描写は虚構と呼ぶに相応しい演出が成されていてエヴァっぽいと言われがちだが個人的にはすごく好印象だった。

後半からの展開はまた冒頭のようなドキュメンタリー風に戻り個人的には少々ダレてしまった…倒し方も中盤のような派手さは皆無で地味な感じからのラストシーンはちょっと衝撃。エヴァQの冒頭を見返したけどまんまあれだった。

あのラストには様々な憶測や予想があり、この謎めいた終わり方も庵野氏の作品だと感じる部分の一つ。

 

出来上がりに不安はあったがそれを感じさせない完成度になっているのは確か。

(樋口氏に関しては怪獣映画のほうがやはり合っているのではないかと思う)

近年の邦画としては中々に迫力があり、かつ話もそれなりに纏まっている。キャスト陣も数こそ多いが飾っている感じもなく渋い面子から以外な面子まで幅広くて良かった。

エヴァを彷彿とさせるシーンや音楽が随所に散りばめられておりゴジラファンからしたらどうだろうという部分も多い。(旧ゴジラのBGMなども多数使用されているが)

派手な戦闘シーンなどは少なめでかなり大人向けの作品として仕上がっている。無理やり恋愛描写や曲のタイアップなどに力をいれなかったのは好印象だった。

庵野氏にはシンゴジラ続編も期待がかかるが、まずはエヴァ新劇を完結させてほしいもの。

この機会にエヴァQ本編を見返したが何回も見てると感覚が麻痺るのかゴジラを見た影響なのか面白く感じてしまった怖い

 

総合評価:4.0/5.0
 
爆音レベル:A /a studio

 爆音レベルについてはこちら